今や転職は現代社会では当たり前のこと

企業の正社員でも同じ職場で雇用され続けるのが難しくなっている今、より身軽なワークスタイルを確立するために重要なのが転職活動です。自分が今の職場に適していないと感じたり、運悪くブラック企業に入ってしまった場合などには、なるべく早期に次の転職先を決めることが、人生の貴重な時間を損なわないためにも重要な決断でしょう。

 

雇われる側の論理は雇う側には通用しない

転職活動をより確実に成功させるための秘策としては、仕事に対する価値観を切り替えることから始めるのが大切です。多くの場合転職活動を行う際には当然のように雇われる側としての価値観を持ちながら面接に向かいますが、そういった雇われる側の論理や価値観というものは、雇う側の経営者の論理とはまったくの別物であることを理解しなければなりません。

 

経営者が雇いたいと思う人材になる

経営者と雇われる側の価値観が違うのなら、どちらか一方が相手の価値観や論理に合わせるのが大切なことですが、経営者が転職者の価値観や基準に合わせて面接や入社試験を行うことは、よほどその人材が欲しいと思われなければ決してありえないことです。

 

そのために必然的に転職活動を行っている側が企業側の論理につき従うことが、転職活動をスムーズに成功に導くためにも必須の心構えとなります。

 

経営者の望む人材とは?

経営者にとって望まれる人材とは、転職する企業や業種によって多少の違いがありますが、まず大前提として会社が人材を雇う際の基準としては、タスクを効率よく消費して会社により多くの利益をもたらせることができるかということが基準にあります。
従って面接の際に自分を雇うことで企業にどんな利益があるのか、どれだけの仕事の処理能力があるのかを具体的にアピールしていくことが、転職活動を成功へと導く鍵です。


このページの先頭へ戻る