誰もが理由があって転職する

転職活動を始める場合には、必ずといってよいほど理由がありますが、転職を決意する理由には個人によってさまざまな理由があります。

 

転職の理由は面接時に必ず聞かれる

面接時に必ずといってよいほど聞かれることに、転職時の理由が挙げられます。

 

転職の理由に関してはさまざまな理由がありますが、そういった転職に至った理由を素直に答えてしまっては、場合によっては面接官に悪い印象を与えてしまうことになりかねないため、転職の理由について聞かれた場合には、注意して回答するのが大切です。

 

転職の理由を聞かれた際の答え方

転職の理由として最も無難な答えとしては、やはり前向きな理由がもっとも面接官に良い印象を与える答えとなります。

 

面接官に好まれる答えとしては、キャリアアップのための転職や、より魅力的な職場への転職といった答えが最も適していると言えます。

 

転職の理由として言ってはいけない答え

転職の理由として言ってはいけない答えとしては、後ろ向きな理由が一番言ってはいけない答えです。

 

例えば前の職場の人間関係がうまくいかなかった、前の仕事は自分には向いていなかったなどといった答えでは、面接官にこの人を採用したらまた同じことを繰り返して辞めてしまうのではないかと言った不信感を与えてしまいます。

 

もちろんそういった理由で転職を行うケースも存在することは面接官も承知していることですが、率直な答えを言ってしまうことによって、仕事でも臨機応変に対応できないという印象を与えてしまうため注意が必要なのです。

 

こういったあらかじめ面接時に言ってはいけない転職の理由を知っておくことによって、面接時の失敗のリスクを抑える結果にも繋がります。


このページの先頭へ戻る