【転職できるヒト・できないヒトの両極化】

30代の転職市場は20代〜30代前半のキャリアが重要視されるため、転職できる人とできない人の両極化を呈します。転職できる人は20代のうちにしっかりキャリアを積んでいたので、希望する業界・職種からいくつも内定が取れます。しかし、その一方で、キャリアを積んでこれなかった人もしくは積んでいるけれども浅い人にとっては、30代の転職は非常に困難なものとなります。現在の環境でキャリアを積めるように我慢するか、ひたすら企業に応募するしか道はありません。

 

【人材紹介会社を利用する】

30代となると、結婚して子供をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。そのため、現職に努めながら、転職先を探す方が多いのではないでしょうか。

 

そんな方々はぜひ人材紹介会社を利用してください。自身で1社1社求人を調べ、比較検討し、応募するのは非常に時間のムダです。人材紹介会社を利用すると、1度に自身の希望にマッチした求人を提案してくれます。さらに面接日程の調整まで行ってくれるので、大変便利です。

 

現在転職先を探している方は、是非人材紹介会社を利用してみてください。

 

【キャリアの棚卸とプレゼン練習を念入りに】

30代の転職はポテンシャルではなく、キャリアを重要視されることは前段でもお伝えしました。皆さん自身にどんなキャリアがあるのか、そしてどんなことができるのか再確認するために、是非1度キャリアの棚卸を行ってください。

 

棚卸とは自分がどのような会社で、どのような仕事をしてきたのか書き出すことです。そして、自分の強みや転職希望先で生かせるスキルを見出してください。

 

また、併せて「面接=プレゼン」の練習も怠ってはいけません。30代の転職は、いかに自分を売り込むかが重要です。20代のように会社が拾ってくれるではなく、会社に有益な人材だと思ってもらえるようなプレゼンの練習を行いましょう。

 

管理人おすすめ!元人材会社社員から20代の転職の真実を語る!

20代の転職が、全世代の中で実は一番難しいと腹をくくれ!

http://tenshoku-success.net/13

 

こちらは元転職エージェントとして働いていた方が転職活動のアドバイスです。20代から40代それぞれの転職方法について共通する部分と年代別で違う部分をわかり易く解説しており、読み応えある内容となっています。具体的なアドバイスもあり、転職サイトを上手に活用する方法、意外な転職術など豊富な情報がまとめられています。

 

忙しい方であれば片手間で見るのもよし、真剣に転職を考えている方は熟読されてみてはいかがでしょうか。

更新履歴


このページの先頭へ戻る